0歳児の子育てをしているとどうしても子供が泣き止まない時があります。特に朝の時間や夕食の準備時間など忙しいときに限って抱いていないといけないので非常に困りました。

 

そこで便利だったのがスリングです。昔ながらのものでしたが体にしっかりとフィットしてくれるせいか子供が泣き止んでくれました。首がすわるまではこの方法が最もよく、両手をあけることができるのでいろいろな作業をすることができ重宝をしました。スリングは授乳をするときにはケープがわりにもなるので余分なものを持って出歩く必要がないというのも利点であると感じました。しかし、スリングの欠点は前で抱くことになってしまうので火を使う料理をするときにはちょっと危ないです。

 

そこでくびがすわってきたころから便利になってきたのがおんぶ紐です。インターネットで有名メーカーのものを購入しましたが、最近のおんぶ紐は非常に発達をしており、子供にも抱っこをしている人にも負担がかかりにくくなっています。特に腰の部分でしっかりと支えるものがついているので長時間おんぶをしていても腰の部分に負担がかかりにくく痛くなかったです。成長の時期に合わせてベストなものを選択しているのが一番良いです。