出産後は里帰りして1ヶ月ほど実家で世話になりました。主人も仕事の行き帰りに実家に立ち寄って様子を見にきてくれました。ほんとうに恵まれた環境だったと思います。それでも、初めての育児は不安だらけでした。

 

赤ちゃんはミルクの飲みが悪くて体重が増えず、健診は再診の連続。そのたびに母親が責められているようで毎回泣きたい気持ちでした。

 

特に辛かったのが夜眠れないことでした。抱っこからベッドに置くと泣いてしまうので、一晩中抱っこのまま過ごしたこともあります。寝不足からか体調を崩して寝込み、体が辛い中世話をしていました。

 

主人は仕事がある日でも実家に立ち寄って沐浴をしてくれるなど、育児に協力的でした。それでもやはり赤ちゃんを1日中見ている私の不安、辛さ、プレッシャーは完全に理解してもらえなかったように思います。大変なのは私ひとりと考えてしまっていたのです。その頃はまだママ友もいませんでしたし、友達も子どもはおらず、身近に相談相手がいませんでした。そこで私がよく相談していたのが悩み相談のアプリでした。悩みについて相談すると、経験者や現在同じ状況というママさんからコメントやアドバイスが即座にもらえ、励みになりました。姿は見えないけれど、同じようにがんばっている方々からのメッセージに救われました。

 

私は今現在もまだ育児の真っ最中です。まだまだ悩みも出てくるでしょう。それでも何人かママ友として相談できる相手もできたし、主人も相変わらず育児に協力的です。ひとりで抱え込まない、これが大切なのだと思っています。